» Next - June 2005

May 26, 2005

桃谷恵理子 - プロフィール
Eriko Momotani - Profile - see below for english text

1964年大阪生まれ。現在パリ在住。

同志社大学経済学部卒業。1990年に写真を学ぶために渡仏。そこでキュレーターに興味を持ち始め、パリ第一大学美術史、文化企画学部に入学。1995年「ミクロ・エクスポジション・シェ・エリコ・モモタニ」という20?の自宅ワンルームアパートを開放した展覧会の企画を始める。以後、現在までに22名のアーティストと21本の展覧会を行なう。2003年に音の展覧会を初めて開催。リビングルームから台所、浴室、トイレ、寝室まで特殊な音体験をサウンド・インスタレーションとコンサートの手法で実現した。「ミクロ=極小」には、極小のスペースと最小限の手段で出来ることをやっていくという2つの意味が込められている。また、2003年には横浜の「スクラッチタイル」で資料展示とパフォーマンスを行なう。

主な展覧会は、ニック・ジー「ブレイクオフ」(1996年)、マチュー・メルシェ「ソフアのための白合板による構造」(1996年)、ヤソン・カラインドロス「フーガ」(1999年)、パトリス・アメル「ジレンマ・レプリックN17」(2000年)、桃谷恵理子&ヤコブ・ゴーテル「富嶽百景〜北斎へのオマージュ」(2001年)、北原愛「トランジットの場所〜群衆」(2001年、写真右)、カルメラ・ウランガ「ヘッド・ラインズ」(2002年、写真左)、アレクサンドロス・マルケアス「コンセルト・スパツィアーレ」(2003年)他多数。

profile1.jpg profile2.jpg

Born in Osaka in 1964. Lives and works in Paris.

After graduating from the Faculty of Economics, Doshisha University, Momotani moved to France in 1990 to study photography. There she developed an interest in curating which she went on to study in the Licence de Conception du Projet Culturel Department at Universite´ Paris 1. In 1995 she organized an exhibition titled “Micro Exposition chez Eriko Momotani” in which she made her own 20 square meter studio apartment available to the public. Momotani has since organized 21 exhibitions featuring 22 artists. In 2003 she organized her first sound exhibition. This was realized by featuring sound installations and concerts that provided visitors with a sonic experience that filled the living room, the kitchen, the bathroom, the toilet and the bedroom. The word “micro” has two meanings - an extremely small space, and that only a minimum of measures is all that is needed. In 2003 Momotani held an exhibition of source materials as well as a performance at Scratch Tile in Yokohama.

Major exhibitions Momotani has curated include Nick Gee- “Breakoff”(1996), Mathieu Mercier - “Melamine structure for a sofa”(1996), Jason Karaindros - “Fugues”(1999), Patrice Hamel - “Dilemma - Replique No.17”(2000), Eriko Momotani & Jakob Gautel - “One Hundred Views of Mt Fuji ~ a hommage to Hokusai"(2001)”, Ai Kitahara - “Mes lieux de transit”(2001, photo right), Carmela Uranga - “Head-lines”(2002, photo left), and Alexandros Markeas - “Concerto Spaziale"(2003).

-Posted by takahashi at 11:55 PM | Comments (0)

homestay blog オープン!

今日から、"microeriko homestay project"のホームページが始まります。


はじめまして。homestay blogの管理人、たかはしです。

ここでは、歌って踊れるキュレーターmicroerikoネエさんのhomestay projectの様子をみなさまにお伝えするために、日・仏・英のトライリンガルで更新していきます。

いつの日かこれをご覧のみなさまも、ネエさんのホームステイ先を訪ねる日が来るかもしれません!みなさま、これからもどうぞごひいきに。

-Posted by takahashi at 05:47 PM | Comments (0) | TrackBack

事象・現象 まずは表面・ヴィジョンから
things, phenomena - from a surface and a vision, at first.

vision
━━ n. 視力, 視覚; 見ること; (美しい)光景; 想像力, 洞察力; 予言力; 未来像, ビジョン; 考え; 幻影; 幻想; 映像.

goo英和辞典より(visionって日本語で一言で訳すとどうだったけと思い、検索したらこういうことでした。)
フランス語のvisionもこの英単語と同じです。
no word in japanese which can be exactly the same as that word in english

-Posted by microeriko at 04:45 AM | Comments (0)

May 17, 2005

ベイブリッジに虹がかかった!
A Rainbow over the Bay Bridge

A Rainbow over the Bay Bridge「ああ、もしかしたら自分は本当に横浜に住みたいかも・・・!」という気持ちがふつふつと沸いてきたその日、ベイブリッジにかかる虹の光景に遭遇しました。

On the very day when I said to myself,"Ah, maybe I really want to live in Yokohama,"
I saw a rainbow apprearing over the Bay Bridge, one of the emblematic places of this city.

Ce jour-la, je me suis dite "Tiens, au fait, j'ai peut-etre vraiment envie de vivre en Yokohama...?" C'etait un sentiment assez fort, et voila, j'ai vu cette arc-en-ciel apparaitre sur le Bay Bridge,un des endroits emblematiques de Yokohama.

-Posted by microeriko at 03:59 PM | Comments (1) | TrackBack