» Next - November 2005
« Previous - September 2005

October 24, 2005

2nd Exhibition
アンヌ=マリー・コルニュ展 "Perspectiva #7"
Anne Marie Cornu "Perspectiva #7"
from 10/28 - 11/13

2nd_perspectiva.jpg

予約受付が始まりました。今回もたくさんのお客様をお待ちしております。

 

横浜トリエンナーレ2005
桃谷恵理子「ホームステイ・アート・プロジェクト」

By Invitation of "Homestay art project"
アンヌ=マリー・コルニュ展 "Perspectiva #7" Insitu intervention
from 10/28 - 11/13


■アンヌ=マリー・コルニュ フランス人作家 パリ在住

アンヌ=マリー・コルニュの作品は、空間と、その空間の中におけるアーティストの干渉、そしてそれらに対する鑑賞者の関与という三つの事象の間に関係を作り上げ探求する。そうした関係性にその場その瞬間ごとの構築の形を与えるために、彼女は、光という素材をそれ自体の生命を持った進化する物体として扱い、作品を製作している。

断片的な現象に特別な注意が払われ、あたかも創造過程それ自身が流れ出し、展示空間やその周辺にその痕跡を残しているかのようである。

「ホームステイ・アート・プロジェクト」では、作品のベースとなるものは、桃谷恵理子が書き記していく文章等である。それらが形作る線がさらに一つのドローイングの素材となり、横浜の桃谷の家はこのドローイングが展開していくための1ページとなるのである。

■会期について
「ホームステイ・アート・プロジェクト」は、一般のアパートメントを展覧会場とするため、金・土・日曜日に公開、また電話でのご予約をお願いしております。

□公開日  10/28(金)、29(土)、30(日)
      11/4(金)、5(土)、6(日)
      11/11(金)、12(土)、13(日)
□公開時間 14時 - 19時(金曜は20時まで)


schedule_j.gif

 

YOKOHAMA 2005: International Triennale of Contemporary Art
Eriko Momotani "Homestay art project"

By Invitation of "Homestay art project"
Anne Marie Cornu "Perspectiva #7" Insitu intervention
from 10/28 - 11/13


- Anne Marie Cornu, french artist, lives and works in Paris.

Anne Marie Cornu's work sets up and explores a three way relationship involving a space, the intervention of the artist in the space, and the involvement of the observer. To create these ephemeral constructions the artist thinks of and works with light as a living entity, an evolving body.

Particular attention is paid to the phenomenon of fragmentation, as though the creative process itself had leaked out and left traces which inhabit the exhibition place and its surrounds.

For "Homestay art project", Anne Marie Cornu will base her work on writings by Eriko and these lines of writing will be the material for a drawing in space, Eriko's home in Yokohama becomes a page on which this drawing evolves.

- about Schedule of Exhibition
Open: October 28, 29, 30 and November 4, 5, 6, 11, 12, 13
from 14pm to 19pm (until 20pm on Friday)
Admission is by appointment only as it is held in a private apartment.


schedule_e.gif

-Posted by takahashi at 02:15 PM | Comments (1) | TrackBack

October 22, 2005

予約の電話番号が変わりました。
The telephone number for the reservation was changed.

ご予約受付の電話番号が変わりました。

ご予約電話番号:090-9950-2495 → 新 090-6656-9569

お手元にメモなさっている方は、書き換えていただけば幸いです。
そうでない方も、新しい番号にてご予約お待ちしております。
ご面倒をおかけしますが、よろしくお願いいたします。


The telephone number for the reservation was changed.

Old +81 (0)90 9950 2495 --> New +81 (0)90 6656 9569

-Posted by takahashi at 04:00 PM | Comments (0) | TrackBack

October 20, 2005

第2期の予約開始受付日を都合により変更いたします。

みなさま、こんにちは。

先週までの「アンヌ・クリアリー & デニス・コノリー HOUSGUESTS」展には、たくさんのお客様においでいただきありがとうございました。

第2期の予約開始受付日をこれまで「10月20日(木)」としていましたが、都合により「10月24日(月)」からと変更させていただきます。ご迷惑をおかけいたします。

ご予約について、くわしくはこちら

次回もたくさんのお客様をお待ちしております。

-Posted by takahashi at 11:28 PM | Comments (0) | TrackBack

October 13, 2005

山下埠頭百景


アパートの共用廊下からは、毎日いろいろな空と海の色を楽しんでいます。
今いらっしゃると、3号上屋へ向かうダニエル・ビュレンのプロムナードも見えますよ。
Here are the views from the common space of my appartement.
Each day, I can enjoy different colours of the sky and the sea.
If you come up now, you can see the promnade of Buren along the pier.

-Posted by microeriko at 10:04 PM | Comments (0) | TrackBack

October 09, 2005

みなさんこんにちは、桃谷です。

このブログの管理人である高橋くんから、先ほどアクセスが3000にもニュースを聞きまして大変うれしく思っております。みなさまありがとうございます。

一方これほどアクセスして頂いていたのに、これまで私自身の言葉でブログを更新できなくて申し訳ありませんでした。

いまこのブログをご覧になっていらっしゃるみなさま、本日10/9の日曜日、予約は15時以降でしたらまだ空きがございますので、じゃあと思い立った方は、いまからご予約を入れて頂いても大丈夫です(電話:090-9950-2495)。

その他のみなさま方も、"HOUSEGUEST"展の残りの日程、14日(金)・15日(土)・16(日)は、いまからのご予約でも十分に間に合いますので、よろしかったらお電話頂けますと幸いです。
会場(みなとみらい線・元町中華街駅より徒歩3分)への道順は、ご予約のお電話をいただいた際にお伝えしております。


これまでお越しいただいた多くの方より、本会場とはまた違ってゆっくり作品と関わることが出来てよかったというお言葉をいただいています。

展示作品は全てで三つあり、まず Musical Interactive Video Installation と銘打たれている作品、'Yokohama House Guest"は、私自身が「演奏」という形で「出演」しておりますが、当作品は展覧会全体のムードを決定するものだと作家からも言われており、彼らと私とのコラボーレーションの部分が非常に高いです。

残りのふたつの作品は、ひとつは観客もいろいろリラックスしつつ即興的に遊べるもの、もうひとつはゆっくり落ち着いて様々なことに思いを馳せながら鑑賞出来るものというふうになっています。

展覧会全体を構成するこれら三つの作品が、以上のように観客がどう関われるかという観点からもバラエティに富んでいるので、存分に楽しんでいただけると思います。


それではみなさま、横浜にてお待ちしています。

-Posted by microeriko at 01:10 PM | Comments (1) | TrackBack